ほじょ犬マークと補助犬ステッカーを掲示しました

Updated: Mar 23

こんにちは。オピスです。

本日より入口に「ほじょ犬マーク」を掲示しました。

当ビルの給食パン製造工場は食品衛生法にのっとった厳しい管理を行っておりますので、

ペットの同伴(法律的にはペットの持込みと表記するそうです)を禁止しています。

ただし、「補助犬の役割は理解しています」ということは伝えたいと考えました。


【3/23 追記】

全国盲導犬施設連合会様の補助犬ステッカーが届いたので一緒に掲示いたしました。

補助犬可と表記されておりますが、補助犬は生活の中に当たり前にいる存在です。

拒否することはありませんので、安心してご来店ください。

オピスは犬と共に暮らしているスタッフが多い会社なんですよ。

ハヤミズホーム様とLIA様にも賛同をいただき、ビル入口にもマークを掲示をしました。

ありがとうございます。


【身体障害者補助犬法】

「身体障害者補助犬法」は、身体障害者の自立及び社会参加の促進に寄与することを目的として、平成14年10月1日に施行されました。 ほじょ犬は、同法に基づき特別な訓練を受け、認定されています。また、ほじょ犬利用者には、ほじょ犬であることを表示すること、ほじょ犬の体調や行動・衛生管理を適正に行うことなどが義務付けられています。そのため、ほじょ犬は社会のマナーも訓練されており、衛生面もきちんと管理されています。


【ほじょ犬マーク】 ほじょ犬マークは、「身体障害者補助犬法」への理解促進を目的に作成されました。また、同法律により、公共施設、交通機関、スーパー、飲食店、病院や職場などで、ほじょ犬同伴の受け入れを行うことが義務づけられています。 お店の入り口で、このマークを見かけた場合はご理解とご協力をお願いします。 ほじょ犬を連れている方を見かけた場合は、温かく見守っていただき、何か困っているようでしたらお手伝いをお願いします。


補助犬について、ご理解・ご協力をお願い致します🐶