オピスベーカリーご紹介

網走市内の給食パンを作っています

「どうして総合管理会社がパンを作っているの?」と尋ねられる機会があります。

株式会社オピスには、指定管理業者として公的機関の管理を担ってきた経験と実績があります。

その経験をいかし、このまちのために「子どもたちの食を守る仕事」として

給食パンの製造をすると決めました。

安全・安心を合言葉にパンの製造に取り組んでおります。

 

網走産小麦「春よ恋」を100%使用しております

所属協会・組合 : 北海道パン・米飯協同組合

北海道産小麦の推進

mugic.jpg

北海道 麦チェン!サポーター店認定

北海道産小麦を使用した商品を積極的に作り販売しているお店として「麦チェンサポーター店」に認定(2020年9月7日)をいただきました。

北海道農政部食の安全推進局「麦チェン!サポーター店」

食の安全への取り組み

衛生管理導入評価 最高ランク

網走保健所様より当社のコッペパン(網走市学校給食用)を平成28年5月25日付で

HACCPに基づく衛生管理導入評価の最高ランク「A」評価を頂きました。

今後も衛生管理を徹底して安心安全なパンを学校に提供していきます。

オピスベーカリーはHACCPに沿った衛生管理に取り組んでおります。

食品衛生責任者   6名

HACCP講習修了 基礎3名・専門3名

ISO/FSSC 22000内部監査員養成研修修了 1名 (事業部全体)